各種検定試験

❹一番注意が必要な作文課題 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

さて、今日のテーマは  ❹一番注意が必要な作文課題  【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】 です!

どうぞお付き合いください!

・・・・

 

おすすめ
作文添削。ネイティブなら誰でもいいのか?④イタリア語検定応援コラム

続きを見る

 

 

イタリア語の文字入力に慣れることから

まずは、実用イタリア語検定サイトに書かれてある注意事項をよく読みましょう。

 

・・ここから引用・・

・作文の入力について ※必ず半角英数字で入力してください。
・日本語(全角)入力モードで記入された作文は採点対象外となります。

・・引用終わり・・

 

この「半角英数字」にすることがまず大事です!!!(びっくりマーク3つ。笑)

 

自分がいつも使っているパソコンで受験するのが一番良いですが、当日誰かのパソコンを借りるなど、使い慣れていないパソコンを使う方は、文字の入力方法について事前に確認をしておきましょう。

 

こちらもオススメ

イタリア語文法 各種検定試験

2024/4/16

① 〇〇〇〇〇の効果は最初だけ? - しっかり書こう。イタリア語作文

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ① 〇〇〇〇〇の効果は最初だけ? - しっかり書こう。イタリア語作文です! どうぞお付き合いください!       イタリア語検定春季準2級、満点の生徒様が出ました♪ 3月に行われた春季イタリア語検定の結果。   作文を担当した私の方に連絡が届きました (^-^*)/。   お一人の生徒様が準2級で満点(20/20) および総合で最高得点を取られましたo( ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/14

④最低限の会話に必要な単語の量 - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ④最低限の会話に必要な単語の量 - 口からイタリア語を出すヒントです!   どうぞお付き合いください!   最低限の会話に必要な単語の量は? 日常会話に必要な単語の量は、どのくらいのものでしょうか。   ちなみに中学英語で習う単語数は1200語ほど。   話し言葉として日常生活で使う単語数は3000ワードから4000ワードと言われています。   それだけ覚 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/14

③〇〇を侮らない - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ③〇〇を侮らない - 口からイタリア語を出すヒントです! どうぞお付き合いください!     品詞をあなどらない 外国語を勉強する際に、いちいち文法の品詞の名称を覚える必要はない、という人がいます(^_^;)。   それも一つの考えで、それで正しい外国語が話せているのであれば、全く問題ないと思います(^_^)。   ここでいう品詞の名称とは、動詞・形容詞・代名詞・副 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/13

②日本語とイタリア語の違いを理解する - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは  ②日本語とイタリア語の違いを理解する - 口からイタリア語を出すヒントです!   どうぞお付き合いください!       大事なのはイタリア語文法 私は、イタリア語の勉強について考える時に、人間の体が無数の細胞が繋がってできていることをイメージします(^_^)。   私たちが健康でいられるのは、それぞれの器官がきちんと動いてくれているからこそ。   イタリア語 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/12

①具体的な方向性を見つけよう - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ①具体的な方向性を見つけよう - 口からイタリア語を出すヒントです! どうぞお付き合いください!     ▶︎口からイタリア語を出すヒント 私のレッスンの中で、一番人気の「アウトプット・発音・音読」レッスン。 日本人講師として、イタリア語を分かりやすく日本語で説明するレッスンはたくさんありますが、 私は話す・書くの2大アウトプットに力を入れたレッスンをしていますo(^-^)o。 &nb ...

ReadMore

 

 

アクセント付きの文字を入力する際にも注意が必要

イタリア語検定サイトの作文に関する注意点は、このように続きがあります。

 

・・ここから引用・・

※アクセント記号つきの母音文字の入力ができない方は、E’、e’ などのように、母音字のあとにアポストロフィ記号を記述してください。

・・引用終わり・・

 

この場合は、本来は「è」あるいは「é」と書かなければいけないところを「e'」と記述することになります。

 

イタリア語の文字にはアクセントが付いているものがたくさんあります。

それらを入力するのに「キーはどれだったかな」と探すのは時間がもったいない

 

今から1ヶ月は、作文対策としてタイピングのトレーニングをしておきましょう。

 

毎日イタリア語の読解文などを少しづつ文字入力しておけば、当日安心できると思いますよ。

 


 

この春季開催では、3級と準2級の生徒さんの作文添削をしています

私の作文レッスンでは、提出は手書きではなくパソコンで文字入力してもらいます。

 

ですから、今のところタイピングの問題はなさそうです。

 

反対に、秋季試験では試験1ヶ月前から生徒さんに「手書きで準備してください」と言いますよ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3級と準2級では、作文の点数が選択解答式の筆記セクションに加点
されます。

 

作文でいい点数を取れば、他のセクション(文法・語彙)で点数が低くても、合格できる可能性がでてくるんです。

そのためにも、作文では難しい表現よりも間違いのない文章を書くようにし、高得点を目指しましょう!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

NORITALIA

-各種検定試験