各種検定試験

2023年秋季イタリア語検定 1級作文満点!

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

 

さて、今日のテーマは 「秋季イタリア語検定 1級作文満点! ご報告がありました♪」です!

どうぞお付き合いください!

 

 

私の生徒さん。1級受験で作文満点!!!おめでとう〜♪

この生徒さんは、2級受験から担当させていただきましたo(^-^)o。

 

この方は、2級でも満点を取られた方です。

 

過去記事
イタリア語検定2級作文課題、20点満点で1名合格!

続きを見る

 

私も2級・1級いずれも作文では満点を取りましたが、やっぱり満点はなかなかもらえるものではありません。

 

ですから、今日ご報告を受けて本当に嬉しかったんです。

ただ、他のセクションで合格点に達せず、不合格という結果だったそうです。

 

もう一人、1級受験の方で作文で良い点数を取られた生徒さんがいらっしゃいます。

(こちらは本人の許可を得ておりませんので、点数は非公開とさせていただきますが、高得点でした!)

 

この方も全体では不合格だったのですが、作文の点数はとてもよかったので、担当させていただいた私は満足しています(^-^*)。

 

あとは、2級の作文・3級の作文で高得点を取られ、こちらは合格された生徒さん達からも報告が(^-^*)/。

 

今日は嬉しい1日となりましたo(^-^)o。

 

こちらもオススメ

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/6

【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント」です!     イタリア発のイタリア語検定試験CILSを研究するコラム 前回に引き続き、またCILSシリーズコラムです(^_^;)。   ▶︎CILSとは、イタリアのシエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験。 6つのレベル(A1/A2 - B1/B2 - C1/C2)に分かれています。   今日は ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から」 です!     最後のラスボス! c) correttezza morfosintattica とは「構文の正しさ」 morfosintatticoとは、「形態」を表す接頭辞morfoと、「構文論」sintassiを合わせた形容詞です。   イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 p ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から」 です!     大事なこと4つ目。 d) adeguatezza e ricchezza lessicale とは「語彙」 CILSの作文課題(2)における「適切かつ豊富な語彙力」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の15%(最高1.5点) レベルCでは全体の20%(最高2点) このような配点になっ ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/27

イタリア語の勉強で大事なこと【❺ 文体】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「❺ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!       大事なこと3つ目。 d) adeguatezza stilistica alla tipologia testuale とは? CILSの作文課題(2)における「テキストタイプに合った適切な文体」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の10%(最高1点) レベルCでは ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/27

イタリア語の勉強で大事なこと【❹ スペル・句読点】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「❹ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!     大事なこと2つ目。 e) ortografia e punteggiatura とは? CILSの作文課題(2)における「スペルと句読点」。 レベルAでは全体の17% レベルBでは全体の10% レベルCでは全体の10% このような配点になっています。   レベルAでは、スペルや ...

ReadMore

 

合格・不合格よりも点数に注目しよう(^_−)−☆

ギリギリで合格しても、合格は合格です。

 

でも不正解だった問題をきちんと振り返って、次からは同じ間違いをしないようにしましょう!

 

できなかった部分を補っていくこと、大事ですよねo(^-^)o。

 

 

作文で高得点、あるいは満点を取られる方の特徴

数学で方程式など長い計算をする時に、答えだけ知りたいと思いますか?

 

それで実力は上がるでしょうか(((((((^_^;)。

 

計算の過程を一つ一つ書きながら下に進み、最後に答えを出す

 

そうじゃないと、間違いを指摘されても自分の間違いがどこにあるのか、さかのぼれないですよね。

 

私個人の意見ですが、作文で高得点、あるいは満点を取られる方の特徴は。

 

「こういう時によく使う言い回しを教えてください」と言わない人。

一つ一つのパーツを自分で積み上げる人。

一旦パーツを積み上げたら、今度はそれを暗唱できるまで何度も繰り返して覚える人です。

 

おすすめ
【効果的で最短距離の勉強法⑤-2】日本語から訳すの、アリ?ナシ?

続きを見る

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私の1級受験の生徒さんは「作文は高得点(あるいは満点)なのに、他が不合格だった」というちょっと変わった状況になっています(((((((^_^;)

 

一般的には「作文が合格点に達しなかった」というケースの方が圧倒的に多いと思うのですが(^_^;)。

 

なんか変な感じですね・・・。

 

リスニング・筆記・読解。全ての難易度はとても高いので、1級合格はまだまだ狭き門です。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

NORITALIA

 

-各種検定試験