イタリア語文法 各種検定試験

【あなたが書くのは台本ですか?】 - イタリア語の作文に大事な3つのこと ❷

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

さて、今日のテーマは 「【あなたが書くのは台本ですか?】 - イタリア語の作文に大事な3つのこと ❷」 です!

どうぞお付き合いください!

 

おすすめ
書き言葉としてのイタリア語。必要ある?必要ない?

続きを見る

 

 

文章を書くって?どんな風に?どこから始めたら良いのかわからない!

私の生徒様で、イタリア人のパートナーがいらっしゃる方がいます。

 

作文について相談すると、この様な答えが返ってきたそうです。

 

「話す様に書けばよい」と。

 

私も似た様な経験があります。

 

さて。

作文添削レッスンで「話す様に書いた作文」を見させていただくことがあります。

 

しかし「話す様に書いた文章」は、書き言葉のルールがきちんと守られていないケースが多いのです。

 

こちらもオススメ

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/6

【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント」です!     イタリア発のイタリア語検定試験CILSを研究するコラム 前回に引き続き、またCILSシリーズコラムです(^_^;)。   ▶︎CILSとは、イタリアのシエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験。 6つのレベル(A1/A2 - B1/B2 - C1/C2)に分かれています。   今日は ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から」 です!     最後のラスボス! c) correttezza morfosintattica とは「構文の正しさ」 morfosintatticoとは、「形態」を表す接頭辞morfoと、「構文論」sintassiを合わせた形容詞です。   イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 p ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から」 です!     大事なこと4つ目。 d) adeguatezza e ricchezza lessicale とは「語彙」 CILSの作文課題(2)における「適切かつ豊富な語彙力」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の15%(最高1.5点) レベルCでは全体の20%(最高2点) このような配点になっ ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/27

イタリア語の勉強で大事なこと【❺ 文体】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「❺ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!       大事なこと3つ目。 d) adeguatezza stilistica alla tipologia testuale とは? CILSの作文課題(2)における「テキストタイプに合った適切な文体」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の10%(最高1点) レベルCでは ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/27

イタリア語の勉強で大事なこと【❹ スペル・句読点】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「❹ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!     大事なこと2つ目。 e) ortografia e punteggiatura とは? CILSの作文課題(2)における「スペルと句読点」。 レベルAでは全体の17% レベルBでは全体の10% レベルCでは全体の10% このような配点になっています。   レベルAでは、スペルや ...

ReadMore

 

 

覚えておこう。「話す様に書く」ではいつまで経っても上達しないことを。

「話す様に書く」のは、最初は良いと思います。

 

しかし、話し言葉と書き言葉は違うのです。

 

ですから、話し言葉を中心に勉強してきた人には、とても難しい壁となります。

(★具体的には、映画やテレビのセリフを聞いて勉強したり、セリフのスクリプトを見て勉強したりすることです。)

 

「話す様に書く」トレーニングを続けると、単語の量は若干増えるかもしれませんね。

 

しかし「書くスキル」としては、レベルアップは難しい

同じところをグルグル回るだけになるので、時間がもったいないです。

 

日本語で作文を書く時にルールがあるように、イタリア語にも書く時に押さえておくべきルールがあります。

 

幸い、日本人は真面目に文法を勉強している人が多いので、コツさえ分かればきれいな文章を書くことができると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・

映画やテレビのセリフがダメ、ということではありません。

ライティング力の向上には役立たない、という事なんです。

 

なぜかと言うと、セリフは「ぶつ切れ」だからです。

 

あなたが書くのは、台本ですか?

 

違いますよね。

あなたが書くのは、作文です。

 

台本と違って、作文ってそれぞれの文章がつながって一つにまとまっていませんか?

 

じゃあどうやって文章をつなげるのか。

 

次のコラムでは、 「イタリア語の作文に大事な3つのこと❸」 をお送りします。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

NORITALIA

 

-イタリア語文法, 各種検定試験