イタリア語文法 各種検定試験

イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から

 

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

 

さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から」 です!

 

前回のコラムはこちらかです♪
イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

続きを見る

 

最後のラスボス! c) correttezza morfosintattica とは「構文の正しさ」

morfosintatticoとは、「形態」を表す接頭辞morfoと、「構文論」sintassiを合わせた形容詞です。

 

イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 parti del discorso)を使います。

▶︎形が変化する名詞・定冠詞・動詞・形容詞・代名詞→(5 parti variabili)
▶︎形が変化しない副詞・接続詞・前置詞・間投詞→(4 parti invariabili)

 

CILSの作文課題(2)における「構文の正しさ」は、以下のような配点になります。

レベルAでは全体の25%(最高1,5点)
レベルBでは全体の35%(最高3.5点)
レベルCでは全体の40%(最高4点)

 

Aでは表現力と同じ割合(いずれも25%→25%)ですが、Bでは構文力を表現力が上回り(表現30%→構文35%)、Cでは実に2倍になります (表現20%→構文40%〜!)

 

もう一度こちらの円グラフを見ておきましょう。

 

 

 

基本の動詞活用、性数の変化は押さえておこう

構文力では、レベルAは25%の配点でレベルCは40%とかなり差があるので、「レベルが上がれば難しい文章を書かなければいけないのか?」と思ってしまいますね。

 

それは違います。分かりやすい文章の方が良いです。

 

イタリア語検定同様、文法間違いを避けつつ着実に文章を書くことがポイント。

 

間違った文法では、Aでは最高で1.5点引かれ、Bでは3.5点、Cでは4点も引かれちゃうのです〜。

 

検定カテゴリー記事はこちら♪


イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/21

【③ レベルCは文章全体を観察しよう!】CILS攻略レベル別の重要ポイント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「CILS攻略レベル別の重要ポイント【③ レベルCは文章全体観察しよう!】 です!     文章はできあがっていることに注目しよう!CILSのレベルC レベルCでは、文法セクションはこのような出題になっています。 レベルC1とC2共通 Prova 1: 正しく文章を完成させる穴埋め Prova 2: 正しく動詞を活用させる(原形が書いてあります) Prova 3: 語彙問題 Proca ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/21

【② レベルBは文章をグループ化!】CILS攻略レベル別の重要ポイント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「CILS攻略 - レベル別の重要ポイント【② レベルBは文章をグループ化!】」 です!     文章の構成に大きく注目するのがCILSのレベルB 引き続きCILSコラムシリーズです。 レベルBでは、文法セクションはこのような出題になっています。   レベルB1 Prova 1: 正しく定冠詞・前置詞を入れる Prova 2: 正しく動詞を活用させる(原形が書いてあります) P ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/6

【① レベルAは9つのパーツ】CILS攻略レベル別の重要ポイント

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント」です!     イタリア発のイタリア語検定試験CILSを研究するコラム 前回に引き続き、またCILSシリーズコラムです(^_^;)。   ▶︎CILSとは、イタリアのシエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験。 6つのレベル(A1/A2 - B1/B2 - C1/C2)に分かれています。   今日は ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から」 です!     最後のラスボス! c) correttezza morfosintattica とは「構文の正しさ」 morfosintatticoとは、「形態」を表す接頭辞morfoと、「構文論」sintassiを合わせた形容詞です。   イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 p ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から」 です!     大事なこと4つ目。 d) adeguatezza e ricchezza lessicale とは「語彙」 CILSの作文課題(2)における「適切かつ豊富な語彙力」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の15%(最高1.5点) レベルCでは全体の20%(最高2点) このような配点になっ ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/27

イタリア語の勉強で大事なこと【❺ 文体】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「❺ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!       大事なこと3つ目。 d) adeguatezza stilistica alla tipologia testuale とは? CILSの作文課題(2)における「テキストタイプに合った適切な文体」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の10%(最高1点) レベルCでは ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/27

イタリア語の勉強で大事なこと【❹ スペル・句読点】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「❹ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!     大事なこと2つ目。 e) ortografia e punteggiatura とは? CILSの作文課題(2)における「スペルと句読点」。 レベルAでは全体の17% レベルBでは全体の10% レベルCでは全体の10% このような配点になっています。   レベルAでは、スペルや ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/21

イタリア語の勉強で大事なこと【❸ 表現力】CILS作文の配点から

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「❸ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!     大事なこと1つ目。 a) efficacia comunicativa とは? CILSの作文課題(2)における「伝える力と表現力」です。 レベルAでは全体の25% レベルBでは全体の30% レベルCでは全体の20% このような配点になっています。   この数字だけで判断はできず、他の配点ポ ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/20

イタリア語の勉強で大事なこと【❷ 配点】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「❷ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!     イタリア発のイタリア語検定試験CILS。作文課題の点数配分に注目しよう 作文課題は全部で2つ。   課題1は描写や説明、意見を述べたりする「一人語り」課題。 課題2は、手紙や予約、クレームなど、「誰かに向かって書く」課題です。   合計20点満点。11点以上で合格とな ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/19

イタリア語の勉強で大事なこと❶ CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと」 です!       CILSってなあに? イタリアのシエナ外国人大学が毎年行う、イタリア政府外務省が認定するイタリア語能力試験になります。   A1とA2は観光などで役立つイタリア語。 B1とB2は大学や専門学校の勉強に役立つイタリア語。 C1とC2は仕事をするのに役立つイタリア語。   大 ...

ReadMore

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作文苦手!書きにくい!

どうやって書いたらいいの?

 

そう思っている人は多いかもしれません。

 

レベルが上がると、「原因と結果」や「物事の前後関係」など、因果関係を表現することも出てきます。

 

9つのパーツ(名詞・定冠詞・動詞・形容詞・代名詞・副詞・接続詞・前置詞・間投詞)を意識するだけでは、書けなくなってくるんです。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

次のコラムシリーズをお楽しみに〜!

NORITALIA

 

-イタリア語文法, 各種検定試験