イタリア語文法 各種検定試験

イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

 

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から」 です!

 

前回のコラムはこちらです♪
❺ CILS作文の配点からみる、イタリア語の勉強で大事な5つのこと

続きを見る

 

大事なこと4つ目。 d) adeguatezza e ricchezza lessicale とは「語彙」

CILSの作文課題(2)における「適切かつ豊富な語彙力」

レベルAでは全体の17%(最高1点)
レベルBでは全体の15%(最高1.5点)
レベルCでは全体の20%(最高2点)

このような配点になっています。

 

レベルが上がるにつれ、配点が大きくなります。

もう一度こちらの円グラフを見ておきましょう。

 

 

 

よく聞くお悩み「単語の量をどう増やすか」

先日、作文の生徒様からも「単語の量を増やすには」というお悩みをいただきました。

 

語彙だけでなく、文法にしても「1サイクル」をやり切る必要があると思います。

①新しい単語(文法)を習う
②用法や意味を理解する
③その単語を使ってアウトプット(作文や声に出す)をする
④自分が先生のようになって誰かに説明する

 

④は可能ならした方がいいと思うのですが、①から③まででも構いません。

しかし多くの人が、②で終わっているかもしれません。

 

読解やレッスンで新しい単語に出会ったとき、それを「インプット」する。

単語は覚えられたかもしれません。

 

しかしそれは、能動的な覚え方ではないのです。

 

アウトプット関連記事はこちら♪

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/14

④最低限の会話に必要な単語の量 - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ④最低限の会話に必要な単語の量 - 口からイタリア語を出すヒントです!   どうぞお付き合いください!   最低限の会話に必要な単語の量は? 日常会話に必要な単語の量は、どのくらいのものでしょうか。   ちなみに中学英語で習う単語数は1200語ほど。   話し言葉として日常生活で使う単語数は3000ワードから4000ワードと言われています。   それだけ覚 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/14

③〇〇を侮らない - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ③〇〇を侮らない - 口からイタリア語を出すヒントです! どうぞお付き合いください!     品詞をあなどらない 外国語を勉強する際に、いちいち文法の品詞の名称を覚える必要はない、という人がいます(^_^;)。   それも一つの考えで、それで正しい外国語が話せているのであれば、全く問題ないと思います(^_^)。   ここでいう品詞の名称とは、動詞・形容詞・代名詞・副 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/13

②日本語とイタリア語の違いを理解する - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは  ②日本語とイタリア語の違いを理解する - 口からイタリア語を出すヒントです!   どうぞお付き合いください!       大事なのはイタリア語文法 私は、イタリア語の勉強について考える時に、人間の体が無数の細胞が繋がってできていることをイメージします(^_^)。   私たちが健康でいられるのは、それぞれの器官がきちんと動いてくれているからこそ。   イタリア語 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/12

①具体的な方向性を見つけよう - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ①具体的な方向性を見つけよう - 口からイタリア語を出すヒントです! どうぞお付き合いください!     ▶︎口からイタリア語を出すヒント 私のレッスンの中で、一番人気の「アウトプット・発音・音読」レッスン。 日本人講師として、イタリア語を分かりやすく日本語で説明するレッスンはたくさんありますが、 私は話す・書くの2大アウトプットに力を入れたレッスンをしていますo(^-^)o。 &nb ...

ReadMore

発音・アウトプット

2023/12/19

2023年冬季カフェトークアワード大賞受賞!ありがとうございました!

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、この度2023年冬季カフェトークアワードで大賞をいただくことができました! (サイドバーにカフェトークのバナーを貼っています)   イタリア語はマイナーな言語。 それに加え、ネイティブではないのに発音・音読・アウトプットで大賞をいただけたこと。 二重・三重の驚きと感激で言葉に表せないほど嬉しく、また大きな自信となりました。   そこで、大賞を受賞したレッスン 【本場メソッドで一回で効果! 発音/音読/ア ...

ReadMore

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作文で使えるようにするには、習った単語を使って実際に文章を書いてみましょう。

 

文章を書くのって、文章をただ単に読むよりも結構大変ですよね。

でもそれだけ頭に残りやすくなるはず!

 

例を1つ挙げてみます。

 

イタリア在住の生徒さんの特徴として、「文法知識よりも語彙が早く増える」というのがあります。

やはりそれは、必要に迫られて言葉を覚え、それを日常生活で使うから。

 

知らない単語に触れたとき、この3つを1サイクルとしてみましょう。

▶︎単語に触れる▶︎意味を理解する▶︎文章を作ってアウトプット

 

もちろん日本に住んでいても、文章を作って単語の量を増やすことはできます。

単語を増やすために大事なことは、インプットではなくアウトプット!を意識してみましょう!

 

次はいよいよ最後に残した「構文力」です!

NORITALIA

 

-イタリア語文法, 各種検定試験