イタリア語文法 各種検定試験

【① レベルAは9つのパーツ】CILS攻略レベル別の重要ポイント

 

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

さて、今日のテーマは 「【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント」です!

 

 

イタリア発のイタリア語検定試験CILSを研究するコラム

前回に引き続き、またCILSシリーズコラムです(^_^;)。

 

▶︎CILSとは、イタリアのシエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験。
6つのレベル(A1/A2 - B1/B2 - C1/C2)に分かれています。

 

今日はその中の初級に当たるレベルAについてです!

 

文法セクション(Analisi delle strutture di comunicazione)を取り上げて比較していきます。

 

 

レベルAでは、文法セクションはこのような出題になっています

レベルA1はこちら

Prova 1: 正しく定冠詞を入れる(原形は書いてありません)
Prova 2: 正しく助動詞を入れる(原形は書いてありません)
Prova 3: 語彙問題

 

レベルA2はこちら

Prova 1: 正しく形容詞を入れる(原形が書いてあります)
Prova 2: 正しく活用させた動詞を入れる(原形が書いてあります)
Prova 3: 語彙問題

 

レベルAでも、1と2では少しレベルが上がるのがわかりますね!

 

アウトプット関連記事はこちら♪

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/14

④最低限の会話に必要な単語の量 - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ④最低限の会話に必要な単語の量 - 口からイタリア語を出すヒントです!   どうぞお付き合いください!   最低限の会話に必要な単語の量は? 日常会話に必要な単語の量は、どのくらいのものでしょうか。   ちなみに中学英語で習う単語数は1200語ほど。   話し言葉として日常生活で使う単語数は3000ワードから4000ワードと言われています。   それだけ覚 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/14

③〇〇を侮らない - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ③〇〇を侮らない - 口からイタリア語を出すヒントです! どうぞお付き合いください!     品詞をあなどらない 外国語を勉強する際に、いちいち文法の品詞の名称を覚える必要はない、という人がいます(^_^;)。   それも一つの考えで、それで正しい外国語が話せているのであれば、全く問題ないと思います(^_^)。   ここでいう品詞の名称とは、動詞・形容詞・代名詞・副 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/13

②日本語とイタリア語の違いを理解する - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは  ②日本語とイタリア語の違いを理解する - 口からイタリア語を出すヒントです!   どうぞお付き合いください!       大事なのはイタリア語文法 私は、イタリア語の勉強について考える時に、人間の体が無数の細胞が繋がってできていることをイメージします(^_^)。   私たちが健康でいられるのは、それぞれの器官がきちんと動いてくれているからこそ。   イタリア語 ...

ReadMore

イタリア語文法 発音・アウトプット

2024/4/12

①具体的な方向性を見つけよう - 口からイタリア語を出すヒント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ①具体的な方向性を見つけよう - 口からイタリア語を出すヒントです! どうぞお付き合いください!     ▶︎口からイタリア語を出すヒント 私のレッスンの中で、一番人気の「アウトプット・発音・音読」レッスン。 日本人講師として、イタリア語を分かりやすく日本語で説明するレッスンはたくさんありますが、 私は話す・書くの2大アウトプットに力を入れたレッスンをしていますo(^-^)o。 &nb ...

ReadMore

発音・アウトプット

2023/12/19

2023年冬季カフェトークアワード大賞受賞!ありがとうございました!

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、この度2023年冬季カフェトークアワードで大賞をいただくことができました! (サイドバーにカフェトークのバナーを貼っています)   イタリア語はマイナーな言語。 それに加え、ネイティブではないのに発音・音読・アウトプットで大賞をいただけたこと。 二重・三重の驚きと感激で言葉に表せないほど嬉しく、また大きな自信となりました。   そこで、大賞を受賞したレッスン 【本場メソッドで一回で効果! 発音/音読/ア ...

ReadMore

 

レベルAで大事な事は、9つのパーツを攻略すること!

イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 parti del discorso)を使います。

 

▶︎形が変化する名詞・定冠詞・動詞・形容詞・代名詞→(5 parti variabili)
▶︎形が変化しない副詞・接続詞・前置詞・間投詞→(4 parti invariabili)

 

まずは上のようにグループ分けをする事をおすすめします。

 

これらは、日本のイタリア語文法テキストに載っていますよね(^-^*)/!

これらは、文章を作る一番小さな細胞のようなもの。

 

ここで単数・複数など、日本語とは違う語尾変化に慣れておきましょう。

 

こちらも読んでみてね
② CILS (CERTIFICAZIONE DI ITALIANO COME LINGUA STRANIERA) 【過去の人気コラム復活】

続きを見る

 

もう一つのおすすめポイントは?

色々な形容詞の種類を一つにまとめておきましょう。

 

例えば、

「私の」→所有形容詞
「一つの」→基数形容詞
「1番目の」→序数形容詞
「いくつかの」→不定形容詞
「いくつの」→疑問形容詞

これら全部、形容詞ですよね。

 

一つにまとめておく事で、レベルBを受験するときに必ず役に立ちますよ〜(^-^*)/。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9つのパーツ(名詞・定冠詞・動詞・形容詞・代名詞・副詞・接続詞・前置詞・間投詞)の働きを知る事。

 

レベルAではとーーーーっても大切です。

しかしレベルBでは、これだけでは足りなくなってきます(>_<)。

 

次のコラムをお楽しみに〜!

NORITALIA

 

-イタリア語文法, 各種検定試験