イタリア語文法 各種検定試験

① 2024年春季作文満点でました♪ - しっかり書こう。イタリア語作文

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

 

さて、今日のテーマは  ① 〇〇〇〇〇の効果は最初だけ? - しっかり書こう。イタリア語作文です!

どうぞお付き合いください!

 

❹一番注意が必要な作文課題 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】

続きを見る

 

 

イタリア語検定春季準2級、満点の生徒様が出ました♪

3月に行われた春季イタリア語検定の結果。

 

作文を担当した私の方に連絡が届きました (^-^*)/。

 

お一人の生徒様が準2級で満点(20/20) および総合で最高得点を取られましたo(^-^)o!

 

作文クラスの生徒さんは20点満点から16点など、全員が合格基準点超 (*´∇*)。

 

しかし、別のセクションで点数が足らず、不合格になった方がお一人おられます。

 

作文で不合格、ということは聞かれることですが、私の作文クラスでは反対の状況になります(((((((^_^;)。

 

 

もう一つの厄介なアウトプット、それは作文

やり方がわからない、とインプットよりも後回しにしてしまう作文 ( ̄∇ ̄;)。

 

作文も、いきなりイタリア人のような文章は書けない、と理解することも大事ですね。

 

少しずーつ。少しずーつ。

 

この記事を読まれる方は、イタリア語検定に興味がある方もいるかもしれません (^_^)。

 

しかし作文がしっかり書けると、正しいイタリア語が話せるようになる。

書く・話すは密着につながっていると私は思うのです (^-^*)/。

 

 

独り言日記の効果は最初だけ?

短い作文を書きましょう。独り言日記をつけましょう。

 

確かに大変良いトレーニングだと思います(^_^)。

 

しかし、独り言日記は、早めに卒業したほうがよいでしょう(^_^;)。

なぜだと思いますか?

 

こちらもオススメ

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/21

【③ レベルCは文章全体を観察しよう!】CILS攻略レベル別の重要ポイント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「CILS攻略レベル別の重要ポイント【③ レベルCは文章全体観察しよう!】 です!     文章はできあがっていることに注目しよう!CILSのレベルC レベルCでは、文法セクションはこのような出題になっています。 レベルC1とC2共通 Prova 1: 正しく文章を完成させる穴埋め Prova 2: 正しく動詞を活用させる(原形が書いてあります) Prova 3: 語彙問題 Proca ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/21

【② レベルBは文章をグループ化!】CILS攻略レベル別の重要ポイント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「CILS攻略 - レベル別の重要ポイント【② レベルBは文章をグループ化!】」 です!     文章の構成に大きく注目するのがCILSのレベルB 引き続きCILSコラムシリーズです。 レベルBでは、文法セクションはこのような出題になっています。   レベルB1 Prova 1: 正しく定冠詞・前置詞を入れる Prova 2: 正しく動詞を活用させる(原形が書いてあります) P ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/6

【① レベルAは9つのパーツ】CILS攻略レベル別の重要ポイント

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント」です!     イタリア発のイタリア語検定試験CILSを研究するコラム 前回に引き続き、またCILSシリーズコラムです(^_^;)。   ▶︎CILSとは、イタリアのシエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験。 6つのレベル(A1/A2 - B1/B2 - C1/C2)に分かれています。   今日は ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から」 です!     最後のラスボス! c) correttezza morfosintattica とは「構文の正しさ」 morfosintatticoとは、「形態」を表す接頭辞morfoと、「構文論」sintassiを合わせた形容詞です。   イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 p ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から」 です!     大事なこと4つ目。 d) adeguatezza e ricchezza lessicale とは「語彙」 CILSの作文課題(2)における「適切かつ豊富な語彙力」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の15%(最高1.5点) レベルCでは全体の20%(最高2点) このような配点になっ ...

ReadMore

 

日記は一人称を多用するから

イタリア語検定では、3級・準2級の作文では3人称を使います。

 

一人称を使うのはやっと2級になってからなんです。

 

3級なんて難しいよ!と思いますか?

確かに難しいかもしれません。

 

私が言いたいのは、中級になってから色々な人称を学び直すのは得策ではない、と言うこと。

 

暗記する、暗記しないに関わらず、人称は初級の段階から満遍なく使い、音読して音に触れておくことがオススメです(^_−)−☆。

 

「自分の日記」ではなく、「主語に色々変化を付けた短い作文」を書くことがトレーニングになるのです(^-^*)/。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日記を書きましょう。

自分について書きましょう。

 

これらは1人称を多用するので、バランスよく動詞活用が学べません(>_<)。

 

作文を始めよう!という最初の段階だからこそ、気をつけたいポイントですね。

 

あなたが書いた日記の主語を変えてみるのも有効なトレーニングとなりますよ(^_−)−☆。

 

1人称を3人称に変えるだけでも、所有形容詞など連動して変わってきますよね。

こんな感じで、楽しく、色々試してみましょう。

 

次回は、「書き言葉と語順」について書きたいと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

NORITALIA

 

-イタリア語文法, 各種検定試験