イタリア語文法

こだわりたければディクテーション!【あなたの語学力を育てるヒント③】

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

 

さて、今日のテーマは こだわりたければディクテーション! 【あなたの語学力を育てよう③】 です!

どうぞお付き合いください!

 

おすすめ
【日頃から目的をもって書く習慣を】 - イタリア語の作文に大事な3つのこと ❸

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「【日頃から目的をもって書く習慣を】 - イタリア語の作文に大事な3つのこと ❸」 です! どうぞお付き合いください!       日本語の作文のように、イタリア語にも起 ...

続きを見る

 

 

ディクテーションってなに?

ディクテーションとは、リスニング教材を聞いて、聞こえる言葉を書いていくトレーニングですね!

 

「なんとなくこういうことを言ってるのかなぁ」と理解することはリスニングの第1歩o(^-^)o。

 

冠詞の種類・性数の一致、動詞の活用など、少々間違えたって意味は理解できますね。

 

でも次のステップは、細かいところまで聞き取れるようになること!

 

その時に役立つのがディクテーションなんです(^_−)−☆。

 

 

 

「言ってること、なんとなくわかる!」を「言ってること、しっかりわかる!」にしてくれるのが ディクテーション

"dettato", "esercizi", "online"などのワードを入れて検索すれば、イタリア語の音声を聞きながらディクテーションができるサイトが見つかりますよo(^-^)o。

 

文字を入力したら、冠詞の種類、性数の一致、そしてスペルミスなどがチェックされます!

 

一文字でも間違えば、そこを指摘されるので、自分の理解の足らないポイントをしっかり視覚化できます(^-^*)/。

 

ディクテーションは自分に合ったレベルで進めることが大事です。

 

聞いて「なんとなく分かった」をそのままにしないトレーニング法なのです(^_−)−☆。

 

こちらもオススメ

各種検定試験

2024/2/21

❹一番注意が必要な作文課題 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは  ❹一番注意が必要な作文課題  【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】 です! どうぞお付き合いください! ・・・・       イタリア語の文字入力に慣れることから まずは、実用イタリア語検定サイトに書かれてある注意事項をよく読みましょう。   ・・ここから引用・・ ・作文の入力について ※必ず半角英数字で入力してください。 ・日本語(全角)入力モードで記入された作文は採点対象 ...

ReadMore

各種検定試験

2024/2/14

❸書き込みできない読解はどうするか 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ❸書き込みできない読解はどうするか  【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】 です! どうぞお付き合いください!     文章をベターっと読む時間はない 実用イタリア語検定、2024年春のオンライン開催。 前回・前々回のコラムで、実会場での受験と異なるポイントをいくつか書きました。   今日は読解セクションです。 イタリア語を読む手段として、ネットの記事などインターネットを ...

ReadMore

各種検定試験

2024/2/14

❷デモ試験を必ず受けよう♪ 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは  ❷デモ試験を必ず受けよう  【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】 です! どうぞお付き合いください!       オンラインの筆記試験に慣れておこう 前回はリスニングセクションについて書きました。   今日は筆記セクションについてです!   選択肢があるだけだから、秋の会場での試験と変わらないのでは?と思う方もいるかもしれません。   確かに ...

ReadMore

各種検定試験

2024/2/14

❶オンライン開催では十分な準備をして臨もう 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは  ❶オンライン開催では十分な準備をして臨もう 【実用イタリア語検定春季まであと1ヶ月】 です! どうぞお付き合いください!     春の実用イタリア語検定はオンライン開催〜♪ イタリア語春季検定の受験準備をされている方もおられると思います。 私も作文の生徒様、筆記セクションの生徒様など、何人かの生徒さんを送り出す予定です。 春季は、5級から準2級までの試験が行われます。 そこで、今日から数回に分けて、 ...

ReadMore

発音・アウトプット

2023/12/19

2023年冬季カフェトークアワード大賞受賞!ありがとうございました!

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、この度2023年冬季カフェトークアワードで大賞をいただくことができました! (サイドバーにカフェトークのバナーを貼っています)   イタリア語はマイナーな言語。 それに加え、ネイティブではないのに発音・音読・アウトプットで大賞をいただけたこと。 二重・三重の驚きと感激で言葉に表せないほど嬉しく、また大きな自信となりました。   そこで、大賞を受賞したレッスン 【本場メソッドで一回で効果! 発音/音読/ア ...

ReadMore

 

 

ひとつだけ例を挙げましょう。

① Un insegnante(ウニンセニャンテ・男の先生)

② Un'insegnante(ウニンセニャンテ・女の先生)

 

発音は全く同じですよね(カタカナ表記失礼します)。

しかしスペルが違うんです。①は男性で、②は女性(^_^;)。

 

このような文法事項は、耳で聞き、口に出すシャドーイングで身につきますか?

*イタリア人の子供もスペル間違いは多いので、これでもいいのかな、と思わんでもないのですが、小学校や中学校のイタリア語の授業で先生に直されていきます(^_^;)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディクテーションとシャドーイング。

どちらもインプットとアウトプットが同時にできる優れものです。

 

しかし、ディクテーションの方が文字として書く分、文法間違いをグググッと減らしていくことができますよ(^_−)−☆。

 

次のコラムでは、「ネイティブが使わない〇〇〇」について書きたいと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

NORITALIA

 

-イタリア語文法