発音・アウトプット

リアルなイタリア語の発音のカギは、〇〇よりも〇〇

 

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。

 

先生、Rの発音ができないんです。

よく寄せられるお悩みです。

先生、母音の発音ができないんです。

これ、ほとんどありません(^_^;)。

 

今日は、あまり他の先生が言わない(と思う)アドヴァイスをチョコっと書きたいと思います〜(^-^*)/。

 

こちらもオススメ

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/21

【③ レベルCは文章全体を観察しよう!】CILS攻略レベル別の重要ポイント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「CILS攻略レベル別の重要ポイント【③ レベルCは文章全体観察しよう!】 です!     文章はできあがっていることに注目しよう!CILSのレベルC レベルCでは、文法セクションはこのような出題になっています。 レベルC1とC2共通 Prova 1: 正しく文章を完成させる穴埋め Prova 2: 正しく動詞を活用させる(原形が書いてあります) Prova 3: 語彙問題 Proca ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/21

【② レベルBは文章をグループ化!】CILS攻略レベル別の重要ポイント

みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「CILS攻略 - レベル別の重要ポイント【② レベルBは文章をグループ化!】」 です!     文章の構成に大きく注目するのがCILSのレベルB 引き続きCILSコラムシリーズです。 レベルBでは、文法セクションはこのような出題になっています。   レベルB1 Prova 1: 正しく定冠詞・前置詞を入れる Prova 2: 正しく動詞を活用させる(原形が書いてあります) P ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/6/6

【① レベルAは9つのパーツ】CILS攻略レベル別の重要ポイント

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「【① レベルAは9つのパーツ】- CILS攻略レベル別の重要ポイント」です!     イタリア発のイタリア語検定試験CILSを研究するコラム 前回に引き続き、またCILSシリーズコラムです(^_^;)。   ▶︎CILSとは、イタリアのシエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験。 6つのレベル(A1/A2 - B1/B2 - C1/C2)に分かれています。   今日は ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。   さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❼ 構文】CILS作文の配点から」 です!     最後のラスボス! c) correttezza morfosintattica とは「構文の正しさ」 morfosintatticoとは、「形態」を表す接頭辞morfoと、「構文論」sintassiを合わせた形容詞です。   イタリア語では、文章を組み立てる時に9つのパーツ(9 p ...

ReadMore

イタリア語文法 各種検定試験

2024/5/30

イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から

  みなさん、こんにちは!イタリア語講師のNoritaliaです。 さて、今日のテーマは 「イタリア語の勉強で大事なこと【❻ 語彙】CILS作文の配点から」 です!     大事なこと4つ目。 d) adeguatezza e ricchezza lessicale とは「語彙」 CILSの作文課題(2)における「適切かつ豊富な語彙力」。 レベルAでは全体の17%(最高1点) レベルBでは全体の15%(最高1.5点) レベルCでは全体の20%(最高2点) このような配点になっ ...

ReadMore

 

 

リアルなイタリア語の発音のカギは、子音よりも母音

前から書いていますが、イタリアの音は「母音」にあると思っています。

 

ピアノに例えてみましょう。

子音は、ピアノで言えば鍵盤ですが、母音である音色はもっともっと内部で作られるものです。

 

イタリア語の子音はピアノのタッチ

イタリア語の母音は、ピアノ自体の共鳴

 

そんなふうに思います。

つまり、

子音は主に唇や歯、舌の動きなど、発音ポイントが顔の表面から近くて言語化しやすい。

母音は口の中なので、発音ポイントを探したり、言語化するのが難しい。

 

そんな感じかなぁ。

OK。母音が大事なのはわかった。でも。

 

「Eはどうやって発音するのか」

「Oはどうやって発音するのか」

ウ以外の母音に興味を持つ方は、あまり多くありません

 

だって母音は日本語にだってあるんだもーん。「Eはエ」や「Oはオ」なんでしょ?

・・・さて、みなさんはどう思いますか?

 

 

辞書で「Treno」(電車)と「Tre」(数字の3)を調べてみてください

イタリア語では、アクセントが付く母音のEとOには2種類の音があります。

少し口を開けた開口母音、 少し口を狭くした閉口母音です。

 

これって、イタリア語の「ウ」と同じくらい重要じゃないかな?

例えば、「Treno」(電車)「Tre」(数字の3)

 

Treno(電車)にはTrèno とアクセントがついていますね。

この è は 開いたエ、つまり開口母音

 

それに反してTré(数字の3) é は閉まった エ、つまり閉口母音

ではみなさま。

「Tre treni」(3台の電車)だったら?発音してみましょう〜(笑)。

 

・・・残念ながら、開口母音・閉口母音は、後回しになりがちなんです。

 

 

オも2種類あるんですよ(笑)

Cóntroコントロ(・・・に反して)→ オは閉口母音(ó)

Pròprioプロプリオ(まさしく)→ オは開口母音(ò)

(カタカナ表記失礼します。笑)

 

え、いちいち辞書で調べるの?邪魔くさ!

わかりますよ!

ですから、発音レッスンなら先生に質問して発音してもらってください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EとOの開口・閉口は、気にしなければそのまま過ぎていく「音」です。

意識せずに聞いていると、私たち日本人の脳は「日本語の5つの母音」のいずれかに振り分けてしまいます。

 

普段意識しない「エ」や「オ」をもう一度見直してみましょう(^-^*)/

グッとイタリア語らしい音になるかもしれませんよ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「組み合わせて使うイタリア語」Youtubeにて好評配信中!


カフェトークイタリア語講師、 NoritaliaのYoutubeチャンネル!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

NORITALIA

 

-発音・アウトプット