イタリア語

イタリア語の「ウ」の発音

 

みなさん、こんにちわ!イタリア語講師のNoritaliaです。

 

昨日は娘とカードゲームのウノをやりました。

 

もやもやウサギ
3回勝負!と決めてやったのですが、負けたら怒るし、せがまれて何回も何回も遊ばされました(笑)。

 

日本でも知られているカードゲームのウノ。友達とも遊んだ思い出が。でも最後の一枚になった時に言う「ウノ」ですが、日本で遊んでた時と、今とでは違う発音をしてるよなぁと改めて思ったのです。

 

日本語は、自然に開いたアのまま、「アイウエオ」と発音しようと思えばできますよね。でもイタリア語ではできないのですよね。

 

生徒さま
何が違うのか。それは唇と口の周りの筋肉です。

 

イタリア語でUNOのウは、しっかりと口をすぼめます。ラーメンや蕎麦の麺を一本だけ吸い上げてみてください。口、すぼみましたか?そのくらいすぼめてウが発音できます。

 

UNOのオは、そのすぼめた口の筋肉を緩ませず、少し顎を下げるだけです。

 

オには、少し口を開いて発音する開母音と口をやや閉め気味に発音する閉母音がありますので、単語によって発音は変わりますね。

 

娘の「UNO!」と聞いていたら、やっぱりイタリア式のウ。

 

フレフレうさぎ
普段は日本語で会話しているので、口の周りの筋肉を使い分けているようです。

 

イタリア語の発音、実は奥深いんだなぁとしみじみ。

 

ここまでお読みくださってありがとうございました。みなさんも良い週末をお過ごしください♪

-イタリア語