通訳・翻訳

腰痛対策にハーマンミラーの椅子を買ってみる(1)

翻訳の仕事はどうしても腰痛になりがちで、私もじわじわ腰に痛みを感じるようになっていましたが、だましだましやり過ごしていた所、スケジュール的にタイトな案件を複数こなさなければいけない数日間で、腰痛が本格的にひどくなりました。   後悔先に立たず。しかし断ると次の案件が来ないかも、と思うと引き受けてしまうのです。これからは体の事をいたわりながらバランスよく仕事をしようと思ったのでした。   私の仕事環境は、イケアで買ったオフィスデスクとマルクスというチェアー。 こちらのマルクス購入については下の記事をどうぞ。   イケアのオフィスチェアー、Markus買いました!   マルクスもそれはそれで良かったのですが、一日に8時間、10時間の使用には向いていないようです。少しづつ腰が痛くなり、リクライニングを倒して作業→お腹を突き出す→腰が痛くなる、という悪循環。そこでマルクス君は少なくとも私にとって、長時間の業務には適さないという結論に。   そこで、自宅での仕事環境を整えたいけれど、そこまでパソコンに向かう訳ではない、という夫にマルクス君を譲り、私は本格的にオフィスチェアーを探す事にしました。   ネットで調べると、エルゴヒューマンという名前が目に入りました。コスパが良く、長時間の作業も可能のようですが、イタリアで買えるお店がなく、ネット注文のよう。高価な買い物なので、そこまでの勇気はなく除外となりました。それに高ければどんな椅子でも高性能だと思うけれど、やはり人によって感じ方は違うため、実際に座ってから決めた方がいい、という意見が多数。   そして次に目に入ったのはハーマンミラー。こちらはイタリア語のサイトがありました。   ハーマンミラーイタリア   販売店を調べてみると、あらら、残念ながら大きな街にしかない。田舎からは遠いローマ、ミラノ、ボローニャ、トリノなどなど・・・。   ん?タヴッリア?タヴッリア?マルケ州の?   大きな街の名前の中に、タヴッリアを発見しました。知らない人は「はい?」となると思うのですが、モータースポーツファンの人で知らない人はいないヴァレンティーノ・ロッシの生まれ故郷で、私の自宅から車で1時間もかかりません。やったー!   高速道路を使い、次の日に早速行ってみる事にしました。 行く前に自分なりに調べた感じでは、ハーマンミラーのアーロンというモデルが一番売れているようで、ネットでも絶賛されているようです。保証期間が12年と長く、そこまでの品質があるのなら少々高くても長い目で見て安上がりなのかもしれません。   次に少し安いミラ2チェアー、一番高価なエンボディ。モダンな感じのセイルチェア。   一番人気というアーロンに私の腰痛改善の望みをかけ、お店の住所をIphoneに入れ、高速を飛ばします。次の記事に続く。。。   カフェトークでイタリア語を教えています。こちらから新規登録で500ポイントプレゼント!  

-通訳・翻訳