使えるイタリア語表現

イタリアで自分の名前をスペルで説明する方法!

5月も半分を過ぎ、イタリアも夏のような陽気になってきました! さて今日は、タイトルのようにイタリア語のアルファベットに関するお話です。  

 

イタリアで自分の名前を言うシーンと言うのはかなりありますよね。旅行者の方はホテルの予約、何か盗難にあえば警察、病気になれば病院、などそんな時に日本語の名前をいう時、必ず「もう一回言って下さい」などと言われる事が多いと思います。  

 

日本だと、同じノリコさんでも「世紀の紀です」とか「辞典の典です」とか「法律の法です」など、皆さん説明する方法を用意されていると思います。イタリアでも同じ事なんですよね。   イタリア人で「マリオです」なんて言うとすぐに分かってもらえますが、「岩本新次郎です」とか「杉田保奈美です」なんか言うと、「はい?」となりますよね。   それを防ぐ為にあるのが、「アルファベットをイタリアの地名の頭文字で説明する」というやり方です。 自分の名前を言えるようにしておけば、本当に時間を無駄にせずにすみますよ!   それでは行ってみます!

 

アルファベットの説明に使われる地名

A- Ancona

B- Bari

C- Como

D- Domodossola

E- Empoli

F- Firenze

G- Genova

H- Hotel もしくは acca

I- Imola

J- I lunga

K- cappa

L- Livorno

M- Milano

N- Napoli

O- Otranto

P- Palermo

Q- Quadro (絵)

R- Roma

S- Savona

T- Torino

U- Udine

V- Venezia

W- V doppia

X- Iks

Y- Ipsilon

Z- Zara

参考サイト・Alfabeto telefonico italiano

 

いかがでしょう?イタリア語で普段使わないHは発音記号通りのアッカ、Jはイールンガ、Kはカッパ、Wはヴ・ドッピア、Xはイクス、Yはイプシロンとなります。  

 

 

さて、上の岩本新次郎さんはどうなると思いますか?

この方は架空の人物です(笑)。   Shinjiro Iwamotoですから、  

 

 

「Siena, akka, Imola, Napoli, I lunga, Imola, Roma, Otranto. Imola, V doppia, Ancona, Milano, Otranto, Torino e Otranto」

  長っ!!!笑。でもこうなっちゃうんです。   何度も聞き返されるのは時間の無駄。かと言ってペンと紙で説明するのからは卒業したい・・・。そんな人にぴったり(←と私は個人的に思っておりますよ)!!   これなら一度で済みますよ。自分の名前を説明できるようになれば、ちょっと格好いいかも!どうぞ試してみて下さいね。  

 

カフェトークでイタリア語を教えています。こちらから新規登録で500ポイントプレゼント!

 

-使えるイタリア語表現