アドリア海の太陽ブログ

中部イタリアでの通訳、翻訳、イベント企画なら

ほうれん草とリコッタチーズのカンネッローニ

   

毎日オレッキエッテもなんなので、今日はラザーニャでも作るか!
と思ったのですが、前の日からミンチ肉を解凍するのを忘れたー。
そこでCannelloni con spinaci e ricotta(ほうれん草とリコッタチーズの
カンネッローニ)に変更(笑)。
ラザーニャもカンネッローニもオーブンで作るパスタ。
ラザーニャはシート状、カンネッローニは筒状になっています。
この筒状になった部分に、リコッタチーズとほうれん草で作るネタを
入れて、上からホワイトソースをかけて焼くんです。
おいしそー。
しかーし。
朝から元気よく戸棚をガーっと開けたら、あるはずのカンネッローニがない!
あるのはラザーニャだけ・・・。
そんな訳で、リコッタチーズとほうれん草のラザーニャを作る事に(笑)。
もう良いんです、適当で、適当で。
<レシピ>2、3人分

ラザーニャ(カンネッローニがあればそれで。汗)・・・4,5枚
粉チーズ・・・適量
:::中のネタ用:::
リコッタチーズ ・・・250グラム
ほうれん草・・・1把(冷凍のでも良いよー)
塩、玉ねぎ、バター適量
:::ホワイトソース:::
バター・・・30g
小麦粉・・・30g
牛乳・・・500ml
塩、ナツメグ少々
(↑ホワイトソースはバターと小麦粉は同量。ソースの固さは牛乳で調整すると
覚えれば、間違えないと思いまっせー。)
:::作り方:::

1)フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを炒めます。軽く火が通った所で
茹でて適当に切ったほうれん草を加え、更に炒めます。
そこにリコッタチーズを加え、ねっとりした感じになったら出来上がり。
塩を少々加えておきます。

2)ホワイトソースを作ります。片手鍋にバターを溶かし、小麦粉をサッと加えて
木べらで混ぜます。さらっとした状態になるまで炒めたら、牛乳を加えていきます。
最初が肝心!少しづつ加えて、すぐに木べらで混ぜる作業を繰り返します。
好みの固さになったら、塩とナツメグを加えて出来上がりー。

3)耐熱の入れ物にまずホワイトソースを敷きます。
その後、ラザーニャ、ほうれん草ソース、ラザーニャという風に。
最後はラザーニャで終わり、上から残りのホワイトソースと粉チーズをかけます。
オーブンで20分。その後すぐに出さずに余熱で仕上げます。
出来上がりはこちら。

この料理、見た目はゴッツい感じですが、食べてみると意外にあっさり。
リコッタチーズの酸味が効いているのだと思います。
あと、買うのと違って、家で作るホワイトソースは美味しい。
人によっては、ラザーニャを下茹でし、ソースを塗ってのり巻きのように
クルクルと巻き、輪切りにしたものを並べて焼く人も居ます。
じゃまくさー。今度時間ある時にやってみます(←時間はあるんじゃないの?)。

 - 簡単イタリア料理レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. きよ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ラザーニャ・・・昔、一度食べて、なぜか気分が悪くなってから
    ご無沙汰です(*´-ω-)ノΩチーン
    たぶん、自分で作ることは無いと思われます・・・
    また食べたら、美味しいかもねw

  2. pugliese より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家で作っても、日本料理に比べたらコッテリやもんね・・・。
    味的にはミートソーススパゲティと同じなんやろうけど・・・。
    パスタの形も関係あるんかもね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  こちらもあわせてどうぞ