アドリア海の太陽ブログ

中部イタリアでの通訳、翻訳、イベント企画なら

トマトの水煮瓶作り(全行程写真付き)

   

夫の実家でトマトの水煮瓶作りです。
夏に完熟トマトを瓶詰めするのですが、今年は私も手伝いました。

作業は全て野外での手作業。

まずガスコンロ鍋でトマトを茹でます(私が参加した時はもう茹で上がってた)。右は茹で上がったトマト。

トマトのへたを少し切り取り、そこからズルっと皮をむきます。

半分に割って中身を取り出し、さらに縦割りに。

塩少々、庭で取ったバジリコをちぎって加えていきます。

トマトを瓶に詰めていきますが、後で煮沸加工をするので、ギュウギュウに詰めます。

いよいよ煮沸作業。ドラム缶に薪を入れ、火をつけます。

上に鍋を乗せて布を敷き、きっちりふたをしたトマト瓶を並べていきます。

ふたをされてしまいました(笑)。時間は適当。でも1時間位は煮てる。このまま翌朝まで放置らしい。
<ポイント>
1.トマトは丁寧に中をきれいにする。軸の青い部分も取る。
2.保存瓶は再利用できるけど、ふたは新しいものを使いましょう。
夫の実家では、まだ4,5年前のトマト瓶もありますが、おいしいです。
煮沸の方法を紹介しているサイトは結構あります。瓶をあらかじめ消毒するサイトもありますが、ここでは瓶にトマトを詰めて、水から煮ていく方法ですが、大丈夫だと思います。

 - 旅行記, 簡単イタリア料理レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. シチリアの弟子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    マリアさんの「マルチリンガルをめざして」のあなたのコメントを見て、こちらに来ました。自分は去年2級撃沈して、そのままです。
    イタリアに住んでらっしゃるんですね?こんな丁寧な写真で、イタリア人の生活を紹介して下さって有り難いです。だんなさんは、イタリア人?ブログ楽しみにしています。

  2. pugliese より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ★シチリアの弟子さま
    ようこそお越し下さいました。あまり更新してないブログなのですが、ありがとうございます。

    イタリア語検定の時期で、この頃は勉強ばかりだったのですが、1級の合格基準が分からず、色々探していた時に、Mariaさんのマルチリンガルを目指して、に辿りついたんです!

    私はイタリア語のみで、それ以外は歌を歌ったりしてますが・・・。あまりまとまりのないブログですが、また良ければ遊びに来てくださいね。よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  こちらもあわせてどうぞ