アドリア海の太陽ブログ

中部イタリアでの通訳、翻訳、イベント企画なら

イケアのオフィスチェアー、Markus買いました!

   

翻訳などで長時間パソコンの前に座る事が多くなってきたのですが、今まではイケアのMICKEという机と、ガーデン用の簡易椅子で作業してきた私。

イケアMICKE

机の高さが若干低い事、奥行きがない事、足の上にすぐ引き出しがあって邪魔(足を組むクセがあるので)、などなど不満がたまり、結局ダイニングテーブルにノートパソコンを運んで作業をするのですが、また食事の準備でパソコンをもとに戻さないといけない・・・。

更に冬も近づき、暖炉のあるリビングで作業したい。そんな事からデッドスペースであった階段下をオフィス環境に改造するぞ!と一念発起した訳です(^^♪

一番の優先事項は、無理ない姿勢で長時間パソコンワークに励める事。そこで、いつもお世話になっているイケアさんにお邪魔しましたー。

”階段下、オフィススペース”で検索すると、オシャレなワークスペースがたくさん出てきますが、うちはそこまでスペースはないので、ともかく幅135センチ、奥行き60センチを最大サイズと決めました。しかしイケアの机は、そんな私の都合に合った135センチはなく、それより短いものだと120センチになります。

長めの天板を買って切る?という方法も考えたけれど、ほかの部屋で使う事も考えて、素直に120センチのものを買う事に。

そしてオフィスチェアー。ネットで高評価を得ているオフィスチェアーのMarkusを試すのも目的の一つ。

オフィスチェアーMARKUS

実際にイケアでは色々座り比べました。確かにMARKUSは座り心地が良かった。高さを決められる、リクライニングの角度も決められる、との事で、ほぼ購入を決定。

後は、テーブル探しです。現在使っているMICKEよりも奥行きがあって、幅も広く、更に高さを調節できるのが条件。

すると、GALANTという机がなんと期間限定で半額になっていました。
オフィスデスクGALANT

半額ですよ!そして無くなり次第終了との事。もう倉庫に走りました(笑)。

机は上の天板、足、天板下に取り付ける土台の3つでできていて、それぞれ倉庫の置き場所が違うのですが、土台はあと3つで終了でした。セーフ。

22キロもあるMARKUSを家まで持って帰り、ガーっと組み立てました。おなじみの絵だけの説明書です。

こちらはデスクGALANT。こちらの方が簡単そうだったので、こちらから組み立てました。

天板裏、土台を取り付けた所。ちょっと、猫ちゃん達協力してくれてるの?邪魔なんですが・・・。

こちらはMARKUSの部品達。重かった・・・。頑張って組み立てるぞ!

部品を取らせて下さい・・・。

後は階段下に机を運んでから足の長さを調節して椅子を置いてみました。完成図はこちら!

まだ何もない空間ですが、一番の目的である居心地は改善されました。MARKUSの座り心地も良い感じ。腰の負担もないですし、長時間の作業も苦にならなさそう。

この後は、プリンターやCD-ROMやUSBなど小物を入れられるキャスター付きの引き出しを買う予定ですが、またこちらはじっくり選んで買いたいと思います!

 - 日記, 通訳者のつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  こちらもあわせてどうぞ