アドリア海の太陽ブログ

中部イタリアでの通訳、翻訳、イベント企画なら

高級カシミア紡績社のカリアッジ社訪問

      2017/09/06

さて、もう2ヶ月前の事になりますが、隣のマルケ州にある高級カシミア紡績社、カリアッジ(CARIAGGI LANIFICIO S.p.A.)を訪問してきました。

日本はもちろん世界中に支社をもち、ラグジュアリーブランドに高品質なカシミアを提供する老舗です。繊維の世界では有名で個人的にも興味津々。さらに大阪から来られたファッション専門学校の学生さんが来られるという事で、関西人の私も嬉しく仕事場に向かいました。

こちらのカリアッジ社は、5年程前から自然素材から着色するプロジェクトを展開したとの事で、まず会議室で大青、カスミソウ、アカネ、ザクロ、モクセイソウ、ロッグウッドの草木から採取する色素を用いた繊維を見せて頂きました。自然から取れる色は本当に暖かく、繊細なカシミヤの風合いと見事なまでに調和していました。

その後は工場内に入り、繊維の塊から一本の糸となるまでの製造過程(梳毛、紡毛)を見学。そして開発部門を訪れ、カリアッジ社独自のポリシーに従って行われる品質チェック部門、顧客のニーズに答えて常に新しい色を研究する部門などを見学致しました。

さて工場見学は、機械の運転音など、様々な音がする環境内でイタリア語を聞き取らなければいけないので、緊張する業務でもあります。お客様から頂いた写真でも、そんな私の怖い顔が写っていて、「もっと日本人の人達が安心できるように笑顔で仕事しなければ」と思うのですが、やはり言葉を聞き逃すと命取りなので、そちら優先になっています。

ファッション専門学校のイタリア研修旅行は、また次の日も続きます。

 - 通訳者のつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  こちらもあわせてどうぞ